いわゆる不妊症の原因というと、子宮着床障害のほかに排卵障害といった女性側に原因があるものと、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性の方の要因が想定されます

二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。

本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、言えば不機嫌になりそうだったので、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。

料金は1回2800円で安価でしたが、それでも妊娠に至らず、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。

それが功を奏したのか、早々に二人目の妊娠が判明。

やったぁ!と思いました。

嬉しかったです。

妊娠することによる体の変化と、必要な栄養素の効果を考えた時、妊娠中はもちろん、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、日々の生活に追われていると、十分に摂取できないという悩みもあります。

こうした摂取不足に関する悩みは多くの方が抱えていますが、簡単な解決方法があります。

それがサプリメントなんです。

普段の食生活を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、忙しくて食事がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も安心です。

皆さんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、女性の不妊に関係する成分である鉄分は、一般的に不足しがちなものだと言われています。

普通の食生活で推定される摂取量では、摂取量が足りていないという方が殆どですから、サプリメント等の栄養補助食品で補給するのがおススメですね。

最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも販売されています。

こうしたものを利用することで、適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。

妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。

妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸の補給が不十分になると、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれるリスクが増加するという報告があるのです。

もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。

ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。

赤ちゃんを授かって産婦人科等で行われる栄養指導を受ける方や、母親学級で指導された方も多いと思います。

このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。

レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。

もちろん、野菜も代表的な食品の一つです。

実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。

葉酸は熱に弱く溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。

妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも摂取が勧められているほどです。

産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。

厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。

とはいえ、妊娠期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方もいらっしゃいますよね。

仮にサプリメントを摂っていないとしても、ビタミンB群に属する栄養素である葉酸は、青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、食事によっても、多少は摂取できているという事ですね。

妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が必須であると厚生省が推奨していますが、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は必要ないのでしょうか。

確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。

ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそのような事はありません。

胎児が先天的な障害を発症する可能性を減少させるという有効性に限った話では、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が大切な期間という訳です。
ピンクゼリーの口コミ

なので妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。

妊婦に様々な効果をもたらしてくれる葉酸ですが、過剰摂取は禁物です。

副作用として体にあらわれる症状としては、寝つきが悪くなったり早くに目が覚めてしまうといった不眠症の症状や、食欲不振や吐き気などの内臓疾患、あるいはむくみなどです。

神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、「葉酸を多く摂った方が身体に良い」と、一日の摂取量をオーバーしてしまう傾向があります。

葉酸の過剰な摂取は副作用に繋がりますので、適切な摂取を心がけるようにしましょう。

葉酸は、食事で摂ることが出来れば一番ですが、サプリメントであれば、一日の摂取量の目安がついて一目瞭然ですので、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから是非試してもらいたいですね。

胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。

食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点ではサプリを利用するのが、最もポピュラーですね。

それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストだと思いますか?殆どの場合が、妊娠前から授乳期の終わりまでが、葉酸サプリによる補給期間に当てはまります。

妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、妊娠初期から3か月目までだというのが、よく耳にすると思いますが、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においてもとても大事な栄養成分ですから、受胎時には十分な葉酸が補給できているように、妊活時から飲み始めて、授乳終了まで普段の食事とサプリによる葉酸摂取を続けるのが良いでしょう。

大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時に葉酸サプリの話題が出ました。

ベルタが販売している葉酸サプリが良いんじゃないかと考えているようでした。

私は、葉酸は妊娠前からサプリを摂っておいた方が良いとテレビで見たことがありましたから、その友達に教えてあげました。

友達には悲しんで欲しくないですし、元気な赤ちゃんが生まれるといいなと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です