ごっちんの永山

探偵が使うという追跡グッズとは 自分自身で買えるのかと言われたら買うことは可能です。

一般的には、追跡グッズはGSP端末を使用されることが多いですが、これはどんな人でもインターネット等で購入できます。

車に載せてあるGPS端末は、車が盗難されたときに備えて搭載しておくものですので、誰でも買えるのは当然です。

探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。

実費は交通費、フイルムや現像料などをいいますが、調査中の食費が加わることもあるでしょう。

時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、計算した費用です。

浮気調査を行う期間が短ければ請求額も少額となります。

配偶者が不倫をした場合、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。

しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。

慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、夫婦の歳、結婚年数など色々な事を考えて裁判官の決定を待つことになります。

不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士に相談しましょう。

離婚したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかを考えてから相談するべきです。

それに、不倫の証拠を掴みたいと考えている場合には、探偵や興信所に相談するべきです。

女性の場合だと、近所の奥さんや友人を相談相手にしてしまう人も多いものですが、噂の対象になりたくないのであれば、どんなことがあっても止めましょう。

レシートとかクレジットカードを見ると浮気の証拠をみつけることもできるでしょう。

最初に、普段立ち寄らないようなコンビニの領収書をほぼ毎回視界に入ることが多くなったら、いつもその近くに行っている事になります。

その場所でずっと見ていると、浮気の現場を確保できるかもしれません。

興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、変わりはほとんど無いと言っても言い切れます。

共に、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、類似した仕事をしています。

とはいっても、どちらかを選ぶとしたら依頼は、企業や団体は興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。

不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいになる場合もあります。

実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、金額は少なくなってしまいます。

また、不倫相手の方が浮気を認めない際は証拠が必要とされます。

第三者からみてもはっきりとした浮気の証拠が必要です。

例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠をつかめますね。

浮気相手への連絡手段として携帯を使うのが当たり前だからです。

今やメール、または、LINEなど様々な方法で連絡をする機会も増えましたが、やはり好きな人の声を聞きたくなる時もあるでしょう。

ですから電話をする可能性ももちろん考えられます。

浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。

それは、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。

疑問が確信に変わりきらないケースでは一度、浮気調査を続けるか決める必要が出てきます。

証拠が揃い、浮気が間違いなくなったならば、ここで浮気相手が誰かを探ることとなります。

尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、貴方の知らないところでパートナーが逢い引きしている人物を確認するのです。

どのような行動をしているか記録することで浮気の証明をできることもあります。

日々の人間の行動には、ほぼ決まりができるものです。

ところが、浮気をしてしまっていると、動きの法則性が変化してきます。

時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れたところを見つけることができたら、動き方をよく見ていると、浮気の証明ができる可能性が上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です