沖田で小磯

浮気の事実関係を委託調査する際には、あり得ないほど低い報酬額であったり、逆に高い料金設定であったりするところではなく、詳細なプランや金額が設定されており、追加の料金設定がなされていないような探偵社が安心安全です。

他には、探偵業者としての必要届出を済ませているのかどうか前もって確認しておきましょう。

法を逸脱した調査をしている探偵社には委託しない方がよいでしょう。

相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚の必要性については考えるべきでしょう。

子供がいるご夫婦の場合は特に浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといってトントン拍子で離婚の話は進まないものです。

養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。

同様に、父親が一人で育てる場合も仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。

浮気の裏付けがSNSで発覚することもあります。

一般的に、SNSは本名を公開しない特性がありますので注意不足で相手が、私生活についてさらけ出しすぎてしまう事がありがちでは、ないでしょうか。

場合によっては、浮気を裏付けるような記載をネットに書き綴っている人もいるのです。

ユーザー名を知っていたら検索してみて下さい。

しょっちゅう同じ電話番号から繰り返し、また定期的に取り合っているとなるとその電話の相手が浮気相手という確率はとても高いと言えるでしょう。

その後、その電話番号の持ち主を見つけ出せばいいのです。

そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、浮気相手との電話の後には電話番号の履歴を毎回削除しているということもあります。

事前に成功報酬と言われていても、例えば、浮気調査について依頼したとすると、その際の調査期間が3日間だった場合、その3日間だけ浮気をしていなければその調査は成功として扱われてしまいます。

実際に浮気があったとしても、調査中に浮気が見つけられなかったら、浮気の証拠がつかめないまま、浮気調査は終了してしまい、成功報酬を請求されるのです。

日頃、相手の行動の様子を目を配っておくのは自分ひとりでできないことではありませんが、浮気を認めざるを得ないような証拠を手に入れるためには、その道のプロとして技術をもつ探偵に頼んだ方がトラブルなく、確実に結果が得られます。

それに、探偵にお願いすれば、浮気に関する証拠が手に入る、ということにとどまらず、状況に応じたアドバイスももらうことができるのです。

興信所と探偵事務所の違いとしては、これと言って無いと言っても良いでしょう。

双方とも、浮気調査、身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような似たような仕事をしています。

ただし、違いをあげるとしたら、依頼は、企業や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。

配偶者が不倫をした場合、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。

しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、慰謝料を請求することができません。

慰謝料は、あなたがどういった苦痛を受けたか、夫婦の歳、結婚年数など色々な事を考えて裁判所が慰謝料を決めます。

探偵の尾行代がいくら位かと言うと、調査員の数によっても変わりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。

当たり前のことですが、調査員が少ない人数なら安く、多いほど高くなります。

そして、尾行時に移動に車やバイクを使用するケースでは、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、確認するべきでしょう。

成功報酬の条件で浮気調査を探偵事務所に依頼したら損しないかと言うと実際にはそうでない場合もあります。

普通、成功報酬と言えばもし調査が不成功の場合、料金支払いが不要となるので依頼者は損をしなくて済むように感じます。

だから、特に成功報酬の制度を持っている探偵事務所に限定して、求めているような人がいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です