須貝の西野っち

インプラント治療の大きな問題は、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

おおむね保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で一概に費用を決められませんし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることも事実です。

そして、定期検診にも費用がかかってくるということも覚えておきましょう。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。

インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

これはインプラント治療が最適、とされるのは周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので該当する歯の分だけ治療することになります。

両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースではインプラント治療を優先して良いでしょう。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずしもこうなるとは言えず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れがなかなか引かないという時は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは人工物を入れられた違和感を感じています。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにひたすら辛抱が大事です。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

大至急歯科医にかかってください。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、ブリッジよりインプラントの方が良いと言えます。

ベルタこうじ生酵素は人気ありますね!その秘密を徹底調査!
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛さもあるのです。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、インプラントがなじむまでの間は特に、速やかに歯科医の診断を受けることを忘れないでください。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に関わる問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目を損なってしまう問題もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です