矢島が津島

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用の問題も大きいと思います。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによってかなり費用が違うことも確かで、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることも事実です。

また、定期的なメンテナンスも必要点も知っておく必要があります。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから安全性を確認しながら治療を受けられます。
ゴッソトリノで口臭対策!他のマウスウォッシュと違うの?

それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になるといった変化が歯科医院ではよくきかれます。

そうなる理由として、歯茎の合間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっていることも考えられるので、放置はできません。

自分もそうかも、と思った方は、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスを必要とする、高レベルな作業なのです。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどんな歯科医にかかるかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっており決定的な違いが出てくると考えられます。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

アフターケアが寿命を決定します。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングして完璧なプラークコントロールが必要で、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが、インプラント維持のために必要です。

インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにもできますと説明され最終的にインプラントを選びました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です