柴の小山田

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

セラミックとは要するに陶磁器であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

美的センスに加えて、熟練したスキルが要求される作業です。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても料金はずいぶん違ってきます。

費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療経験者の口コミです。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、どちらかというとインプラントが優位に立ちます。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。
クリアネオの口コミや評判!真実を探ってみた!

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は極力安静を保って生活を送ってください。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は避けた方が良いです。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておけばベターです。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は無視できないものがあります。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療成功の絶対条件となります。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、治療が無事終わるまでの間と思ってつらくても禁煙するのが正解です。

他の歯科治療と同じように、インプラントにもある程度のリスクを伴う治療です。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。

失敗の可能性を少しでも下げるためにくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗してもやり直しできないことが多い点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

埋入するのもリスクがあって、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です