鶴田で八重樫

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところ長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが一般的な説です。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうという押さえが必要です。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、デメリットも知った上で選択してください。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

高くついた場合、数十万円にもなるケースもまれではありません。

そして、治療にミスや失敗があると起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。

まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院して手術することはまれです。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨など自家骨の移植手術であれば手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

自分が当てはまるという方は、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され自分の気持ちが固まりました。

自費診療なので、かなりの額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントにして良かったと思いました。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。

定期検診にかかるお金は保険がきく治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいてください。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

インプラント治療を希望する代表例として、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという患者の希望がある場合です。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

近年市民権を得てきたインプラント。
ボニックプロは効果あるの?話題みたいだけど?

人工歯の組成には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必須になってきます。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、それだけ、セラミックの歯というものは一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です