リスザルがなっち

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちするとは誰も言っていません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こすこともあるのです。

残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、完璧なセルフケアを目指してください。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから患者も納得し、安心して治療を開始できます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを継続することによって安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
ファーストクラッシュ|ニキビで悩むお子様をお持ちのお母さま方へ

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、留意すべき点もあるのです。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするかもしれません。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優っていると考えられます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその費用もみておかなければなりません。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うのが一般的です。

定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を用意しておきましょう。

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるなどの事例もあります。

これは担当歯科医の技量の低さが要因となっています。

インプラント手術の経験と実績のある歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

インプラントの特長として、噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはけっこう大事なメリットの一つです。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だから歯が取れるのではと心配する必要はありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに頑丈です。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラント治療と一口に言っても保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。

治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です