ほんじょだけどほのか

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部を支えとして残すことができれば冠状の義歯としてクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって以下に示す何通りかに分かれています。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。

他に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

この2ピースタイプはさらに、そのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3ステップあると考えてください。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟してください。

それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。

まれな症例として、患者の死亡例も実際にあります。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法とされています。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
薬用ポリピュアEXっていいね!

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体の損傷、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。

リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の段階で断られることもあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならばもう少し粘ってみてください。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば従来はできないといわれていた症例でも治療ができるようになっています。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことが必要です。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、極力安静を保って生活を送ってください。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、普通の生活を上回る強度の運動はしばらくの間は控えましょう。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

日常的に運動を続けている方なら、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です