麻酔のために入院することはまずありません

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすように努めましょう。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらく行わないようにしましょう。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

運動を習慣にしている方の場合はいつから再開して良いか、歯科医と確認しておきましょう。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればかなり困難なケースでも治療は決して不可能ではありません。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことが必要です。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨になじんで比較的安定しやすいため、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、いろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的に治療をすすめていくので安心して治療を受けることができます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけばより快適に、長期間使えるようになるのです。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することを忘れないでください。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療にかなりの危険が伴います。

今は、このような病歴があるからといって治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

レバウルフの口コミ
インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯を直接再生する治療と言えます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと要望があるケースではインプラント治療を考えた方が良いですね。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

保険適用されることはごくまれで、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることも事実です。

そして、定期検診にも費用がかかってくるという点にも注意が必要です。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食事の際にグラグラと動いてしまうというケースも稀に報告されています。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに原因があると言ってよいでしょう。

高い技量を持つ歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

一口にインプラント治療といっても、3つの段階に分けられます。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染の可能性は否定できません。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが治療の成否に関わる問題です。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をきちんとホームページに載せている歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です