本気でクロカミキリ

小さな胸がコンプレックスでも、遺伝なのだから胸は大きくならないと考えている女性もたくさんいるかと思います。

意外と知られていないことですが、バストサイズは家系的な遺伝というよりも普段の生活の影響が強いだろうというのが専門家の意見です。

ですから、豊胸手術に踏み切る前に、普段の生活を見直してみましょう。

あなたがなにげなく行っている生活習慣のせいで、小さな胸のままなのかもしれません。

実際、バストアップクリームには女性ホルモンの分泌を増加させる成分が入っていて、バストが豊かに育つことが期待できるでしょう。

適当にバストアップクリームを塗るよりは、肌へ浸透しやすくなるように優しくすり込んだ方が効果としてより実感できるのではないでしょうか。

とはいえ、使用したらすぐにサイズアップするかといえばそうではありません。

毎日の習慣がバストを大きくするためには非常に大事です。

胸が小さい人は知らず知らずうちに、胸の成長をストップさせてしまうような生活が定着してしまっているのです。

胸を成長させるには、生活習慣の改善が大切です。

どんなにバストアップのために努力しても、日々の習慣が影響して効果が期待できないこともよくあります。

ツボの中にはバストアップをうながすツボがありますから、刺激してみるのもひとつの手です。

名前としてはだん中、天渓、そして乳根といったツボが胸を豊かにするのに効果的なツボとして知られています。

これらのツボを刺激することによって、血行が良くなるですとか、女性ホルモンがよく分泌されるようになったり、乳腺を発達させたりするといわれていますが、即効性を求めてはいけません。

バストアップしたい!と思ったら、湯船につかる習慣をつけてみましょう。

お風呂に入れば血の巡りをよくすることができますから、身体中に栄養を行き渡らせることができます。

もちろん、胸にも栄養が届きますから、さらにこの状態でバストアップのためのマッサージなどを行うとより一層、効率よくバストアップすることができるでしょう。

お風呂に入る時間なんてない!という時は、シャワーを使ってバストの辺りをマッサージすることで、時短を狙うこともできます。

バストアップの方法を考えると、エステに通うということがあります。

エスティシャンによる施術を受けるとバストアップの効果だけでなく、形も整い、美しい胸を手に入れることができるでしょう。

一度ではなく、回数を重ねてケアを続ければ、徐々に胸が大きくなることもあります。

でも、結構なお金が必要ですし、整形とも異なりますので、努力やケアを怠ると、また、小さな胸に逆戻りです。

食べ物の中でバストアップが望めるものと言ったら、大豆製品や鶏肉、キャベツを連想する人が多いと思いますが、これらを一生懸命、食べたからといって、胸が大きくなると確約されたわけではありません。

バランスよく栄養を摂らなければ、せっかく大きくしようとしていたのに悪くなってしまうこともあるので、栄養が偏らないように色々なものを食べるようにしましょう。

また、必要な部分に行き渡ってこその栄養ですので血の巡りを良くすることも成長には欠かせません。

まだ自分の胸は自分でバストアップできます。

そのためには「姿勢」を見つめなおすということを心にとどめてください。

猫背の人は体のライン的に胸が強調されませんし、うまく血がめぐらないので、バストの成長を妨げてしまいます。

正しい姿勢を続けたくても、それを保ち続ける筋力がないといけません。

しかし、必要な筋力が自分に備わっていないと美しいバストをつくることができないでしょう。

なれないうちは苦労するかもしれませんが、毎日の生活のちょっとしたときに思い出して、姿勢を正していってください。

胸を大きくしたいとお考えなら、筋トレという手段もオススメです。

というのも筋トレにはバストを支えるための筋肉を作る効果があり、バストアップしやすい体になるでしょう。

ただ、筋肉を鍛えるだけではバストアップへの効果が見えにくいので、ひとつの方法だけではなく色々と試してみることが継続して行いましょう。

心地良い眠りを十分に取ったり、リンパの流れをスムーズにすることも効果があります。

バストアップに有効なものとして、豆乳がよく知られています。

豆乳には大豆イソフラボンという物質が含まれていて、まるで女性ホルモンのような働きをするという話です。

昔と違い、最近は飲みやすい味の豆乳が売られていますから、豆乳の摂取に前向きに取り組んでみるのもいかがでしょうか。

とはいえ、豆乳ばかりたくさん飲みすぎるのはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です